HOME
お問い合わせ
剣道
居合道
なぎなた
修武館の歴史
行事予定
アクセス
事務局だより
事務局だより
情報公開
スポーツ安全保険について
ススメ!修武館プロジェクト!!
土曜なぎなた稽古会
土曜なぎなた教室
なぎなたのまち伊丹 薙刀錬成会
facebook
日本財団
JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
img
HOME >> 剣道
剣道
剣道
概要
修武館の少年指導
何事にも感謝の気持ちを持って取り組むようにしています。
剣道ができることを当たり前だと思わず、稽古ができる環境(道場)があり、
先生が居て、仲間が居て、支えてくれる家族が居ることに感謝し稽古に望みます。
通常17時~18時は少年部の稽古でしたが、
小学1年生や初心者と経験を積んだ6年生では差がありすぎるとして
基本をきっちり身に付ける意味もこめ、
16時~の幼年部(初心者組)ができました。
その幼年部ができて初めての生徒たちが本年(平成23年)、6年生になり
これをきっかけに少年部がまとまりあるものとし、
それぞれが考えて行動できるように、平成23年度よりキャプテン制度を導入しました。
もちろん技術指導は指導者が行いますが、主に
 ○ あいさつや返事をすること
 ○ 行動を速くすること
 ○ 靴を並べる等の整理整頓を全員ができる
ように、総括としてキャプテン、補佐として副キャプテン数名を抜擢し、
キャプテン・副キャプテンが中心となって活動していきます。
《 剣道の効用 》
(1)敬う心・思いやりの心
(2)体力・精神力の向上
 
剣道は竹刀で相手を打つという武道なので、
ただやみくもに竹刀を振り回しては、大変見苦しいものとなってしまいます。
相手を敬い、思いやる心があればやみくもに打たなくても、
相手(心)を打つことができます。
また、体調を崩すことなく年間通して休まず稽古する体力と精神力がつき、
毎年皆勤者・精勤者が多数います。
稽古内容
指導者 安倍 尚志(範士八段)
【得意技】 面
時間 毎週 月・水・金 (祝日はお休み)
【幼年部】 16時~17時
【少年部】 17時~18時
【青年部】 18時30分~20時
※少年部の残り稽古(希望者)があります。
※中学生以上は、青年部の時間に稽古します。
【剣道教室】
毎週水曜日 午後1時30分から3時00分
平成23年度から、家庭婦人に限定していた教室が青年部の時間にこれない方、また、剣道をはじめてみたい大人の方のための教室へと変わりました。性別・年令不問です。
場所 修武館道場
月謝 幼年部(就学前) 5,000円/月
少年部(高校生以下) 5,000円/月
青年部 5,500円/月
剣道教室 3,000円/月
対象者 年令・性別は関係ありません。
個人にあった時間をご案内いたします。
必要なもの (1)道着、袴
(2)防具
※少年部は体験期間中、動きやすい服装で可
※竹刀もお貸しいたします
【ご自身で揃えられる際の目安】
道着、袴:約1万円
防具:約5万円
※しっかり基本を身につけ、師範の許可がでましたら、防具を購入していただきます
行事内容 昇級審査
大会・合同稽古会 など
道場での流れ
幼年部:稽古開始・始めの礼・素振り・基本技の稽古など・終わりの礼/少年部:稽古開始・始めの礼・素振り・基本技の稽古・打ち込み稽古・掛り稽古・試合稽古など・終わりの礼/青年部:稽古開始・始めの礼・自由に相手と稽古したり、元立ちの先生に掛ります。中学生もこの時間帯です。また、毎週水曜日は、6時30分から7時まで剣道形の稽古をします。・終わりの礼/毎週月曜には、このあとすぐに居合道の稽古があるので、整理体操をしたあと、すぐに更衣室に戻って着替えます。
指導者からのメッセージ
剣道少年部では、技術を修得し試合に勝つことよりも、
まず元気よくあいさつや返事ができるようにしています。
 
道場で先生だけにあいさつをするのではなく、
家族や友達とも
「おはよう」「こんにちは」「さようなら」と
気持ちよくあいさつしています。
 
稽古内容や雰囲気を知るには、
実際に見ていただくことが一番です。
 
見学は随時受け付けていますので、
気軽にお越しください。
入会・各種お問い合わせはこちらから
※下記の内容をメールに貼り付け、必要事項をご記入したのち送信してください。
 
【送信先】 inquiry@syubukan.info
【件名】 剣道について
【本文】 (以下の内容参照)
※必須記入項目…氏名、問い合わせ内容(例:入会、体験について など)
※任意記入項目…氏名(カナ)、住所、電話番号
img
△ページTOPに戻る
img
img